日本企業におけるChatGPTの導入状況とExcelマクロの自動生成

ChatGPTの導入状況


2023年、日本のビジネス界においてChatGPTの導入が進んでいます。Gartnerの調査によると、日本の企業はChatGPTに対して前向きな姿勢を取っており、テクノロジーとイノベーションのリーダーたちが積極的な行動を取るべきとされています​​。また、Openai.comへのアクセス状況は、2023年2月頃から100万/日を超え、4月14日には746万回のアクセスがあったと報告されています​​。さらに、野村総合研究所の調査では、ChatGPTの認知率と利用率が増加していることが明らかになっています​​。日本全国の都道府県庁でも、50%以上がChatGPTを活用しているとの調査結果があります​​。

Excelマクロの自動生成


Excelマクロの自動生成については、ChatGPTを活用することで、プログラミングスキルがなくても簡単にマクロを作成できる方法が注目されています​​。Excelマクロは、VBA(Visual Basic for Applications)を使用して作成されることが一般的ですが、VBAの学習は多くのユーザーにとってハードルとなっていました​​。しかし、ChatGPTは「Generative Pretrained Transformer」を基にしたAIモデルで、自然言語処理に優れており、ユーザーの指示に基づいてマクロのコードを自動生成できます​​。

この手法を使うメリットとして、プログラミングの知識がなくても自動化を実現できることや、常に新鮮な知識を取り入れて的確な生成を行うことが挙げられます​​。また、GPTのAPIをExcelのVBAから呼び出してマクロを作成する手法が提案されています。これにより、煩雑なコーディング作業から解放され、業務の効率化を図ることが可能になります​​。

具体的なマクロ利用事例としては、定型的レポートの自動生成や大量データの整形、定期的なデータの更新などがあります。GPTを用いることで、これらの作業を自動化し、業務効率を大幅に向上させることができます​​。

まとめ


日本におけるChatGPTの導入状況は、企業レベルでの前向きな姿勢が伺える一方で、Excelマクロの自動生成においては、ChatGPTを活用することで、プログラミングスキルがないユーザーでも効率的にマクロを作成できるという新たな可能性が開けています。これにより、日本の企業は業務効率の向上に大きく貢献できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました