AIとChatGPT:どこまで答えてくれるのか

ChatGPT説明

近年のAIの進化は目覚ましく、特に言語モデルのChatGPTはその進化を象徴する存在です。ChatGPTは会話の流れを理解し、多様な質問に対して自然な返答を生成することができます。しかし、その能力には限界があります。この記事ではChatGPTが何に答えられて、何に答えられないのか探っていきたいと思います。

ChatGPTの能力

• 一般的な知識や事実についての質問に答えることができますが、ChatGPTの情報は2023年4月の時点での情報に限られます。

ChatGPTの限界

• ChatGPTはインターネットに接続していないため、最新の情報やリアルタイムのデータにアクセスすることはできません。
•   個別具体的な指導: 個人の健康に関するアドバイスや法的アドバイスなど、専門的な知識を要する領域においては、専門家の助言が必要です。

AI倫理とChatGPT

ChatGPTは教えてくれないところがあります。

1.  暴力や憎悪に関する内容: 暴力的または憎悪を助長するような内容についての対話は避けられます。

2.  違法行為: 違法な活動を促す、指導する、または支援する内容については対応しません。

3.  不正確な情報: 故意に誤解を招く情報や陰謀論についての拡散は避けます。

4.  個人情報: 個人情報の取り扱いには慎重であり、第三者の個人情報を要求したり共有したりすることはありません。

5.  特定の指示やアドバイス: 医療、法律、金融など専門的なアドバイスを必要とする分野で具体的な指示を提供することは避けます。

6. アダルトコンテンツに関する質問: エッチな内容に関して制限があるようです。
恋愛などの相談に関しては大丈夫なようです。 

まとめ

ChatGPTは多くの質問に対して有用なツールですが、その応答は技術的、倫理的な限界に基づいています。これを理解することで、ChatGPTをより効果的に利用することができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました