GPT-3とGPT-4の比較:進化したAIの能力とは

ChatGPT説明

OpenAIが開発した言語予測モデルであるGPTシリーズは、GPT-3 GPT-4を選択することができます。

GPT-3は無料、GPT-4は有料となっています。(2023年11月現在は月20$となっています)

本記事では、GPT-3とGPT-4の主な違いと、これらの進化が私たちの利用方法にどのような影響を与えるのかを掘り下げていきます。

モデルサイズと処理能力

GPT-3は、1750億のパラメータを持つことで知られていました。これは当時としては驚異的なサイズで、非常に広範な知識と複雑な言語タスクを処理する能力を持っていました。一方、GPT-4はこれをさらに上回る数兆のパラメータを持ち、より洗練された理解と生成能力を備えています。

言語理解と応答性

GPT-3が印象的な言語生成能力を持つ一方で、GPT-4では文脈の理解がより深まり、論理的な推論や抽象的な概念の処理が向上しています。さらに、多様なスタイルとトーンに適応する能力も改善されており、より自然で人間的な対話が可能になりました。

多言語対応と翻訳

GPT-3は多くの言語で高いパフォーマンスを発揮していましたが、GPT-4では言語のカバレッジがさらに拡大し、翻訳の正確さも向上しています。これにより、異なる言語間でのコミュニケーションがよりスムーズに行えるようになっています。

マルチモーダル能力

GPT-4の大きな進化として、テキストだけでなく画像を含むマルチモーダルな入力に対応している点が挙げられます。これにより、画像の内容を説明したり、画像と関連するテキストの両方を用いた質問に答えることが可能になりました。

実用性と安定性

GPT-4は、GPT-3に比べてエラー率が減少しており、特に複雑なタスクにおいてその信頼性が向上しています。また、より長い文脈を保持できるため、長い会話や文書においても一貫性のある応答が期待できます。

まとめ

GPT-4は、サイズ、理解力、多言語対応、マルチモーダル能力、実用性の各面でGPT-3を凌駕しています。私も実際使ってみましたが、1つのプログラムを作るのにGPT-3だと何度もやり取りしないと実現できないことがGPT-4だと一回のやり取りで作成できました。
まだ、進化し続けているChatGPTはこれからも目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました